第339回12月定例県議会

2019年12月02日

令和元年12月2日(月)~12月16日(月) 第339回定例県議会が開催されます。(会期は15日間)
議案は下記のとおりです。

<注目すべき点>
・補正予算の多くは人件費(人勧によるもの)で、2,610,749千円を増額し、補正後予算額は530,239,758千円です。(R1.12 補正予算説明書)(※天地が逆で見にくく申し訳ありません( ;∀;))
・議第81号 知事及び副知事の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例
 同じ特別職である県議会議員は、9月定例会で期末手当の支給が人勧によって職員の例にならって引き上げられていたものを支給率を固定(1.675月分)しました。
 残念ながら、知事は特別職でありながら人勧により引き上げを行います。
・各会派の代表質問は、5日6日の午後1時から、一般質問は9日10日の午後1時から行われます。(いずれも奈良テレビで中継されます。)

議会報告 令和元年度秋号の発行

2019年11月11日

令和元年11月11日(月) 議会報告令和元年度秋号を下記のとおり発行します。

新聞折込→令和元年11月16日(土)【一部の新聞は除く】、地元自治会へは別途ポスティングをいたします。(11月末までに)

令和元年10月21日定例会最終日に議員提案

2019年10月21日

令和元年10月21日(月)午後1時~ 令和元年9月定例会本会議(最終日)が開催されました。
日本維新の会会派より議員提案条例として、多くの自治体議会で採用されています議会議員の期末手当の規定が人事院勧告に伴って慣例的に増額が行われている規定を見直し、率の固定を行う条例案として議第77号「奈良県議会議員の議員報酬額、費用弁償額及び期末手当の額並びにその支給条例の一部を改正する条例」を提出し一部会派を除き賛成多数で可決されました。
この条例の改正により削減される額は、約240万円となります。 今後は、人事院勧告に連動した改正とはならず、必要の都度(減額となった場合)に率の改正を行うこととなります。
今後とも、県民目線で議会改革に取り組んでまいります。


提案説明は、次のとおりです。

ご承知のとおり、県職員の給与は、過去より人事委員会勧告を基本に改定が行われています。
一方、議員に係る期末手当につきましては、条例規定が「県職員の例により」支給されることとなっていることから、全国の多くの自治体で、慣例的に「人勧」に合わせて改定が行われているのが実態であります。
「人勧」のポイントでは、一般職の期末手当につきましては、民間の支給実態を踏まえて勤勉手当に配分することとされておりますが、議員の期末手当には勤勉手当の考えは無く、議員報酬月額に対して所定の加算率を加え、「人勧」に伴って改正される支給月数を乗じることで期末手当の額が決定されています。
奈良県議会議員の期末手当におきましても、「奈良県議会議員の議員報酬額、費用弁償額及び期末手当の額並びにその支給条例」に記載されていますとおり「県職員の例により」を理由に、県議会議員の期末手当支給月数の改定がこれまで繰り返されてきました。
今回、提案をさせて頂いております改正案は、議員の期末手当の額の決定方法を「県職員の例により」定めるのではなく、県議会独自の支給月数を条例で直接規定をするように改めるものです。
令和元年10月1日からは、消費税の改正が行われ、実質的な県民所得の低下が見込まれる時に、県議会議員が「人勧」に従って期末手当の増額を行うべきでは無いと考え、期末手当の支給月数につきまして、平成30年度改正内容の1.675に据え置くこととしております。
なお、令和2年度以降にあっては、人事院勧告で期末手当の引き下げ勧告が行われた場合や経済状況等を勘案して見直しを行うことと致しております。

大和民族公園の今

2019年09月28日

令和元年9月28日(土)14:00~ 奈良県総支部定例役員会、全体会議の後、久しぶりに大和民族公園の古民家群の現状確認に来ました。
大和民族公園は、昭和50年度に都市計画決定を受けて整備を行い、 計画面積26.6ha中、平成17年度末現在で22.6haを開園しています。(駐車場横の空地4haが未利用です。)
以前から中川県議と共に古民家群の保存状態が悪いことから、現状の管理不足を指摘するとともに今後の活用について指摘を続けたところ、昨年度から古民家補修予算が計上されるようになりました。
この古民家は全部で15棟、うち重要文化財3棟、県指定文化財が10棟あります。
公園に入ってすぐの臼井家は普段からイベントで多く活用されていることもあり、保存状態は良いのですがそれ以外は本当に残念な状態です。
昨年度は、茅葺屋根の最も痛みの激しかった萩原家(桜井市下から移築)の補修が完了!(写真の通り隣接の赤土家の離れBeforeの状態は残念!)今年度は杉皮葺の旧前坊家(吉野山門前町筋から移築:県指定文化財)の補修が始まります。
公園内でメンテナンスをされていた方に伺ったところ、『アライグマ被害』に困っているとのことでした。
せっかく補修をしても、住んで欲しくない住人はお断りですネ!
今後は、普段からの活用の提案が必要ですね!
今年度から、文化財の保存、活用、振興が教育委員会から知事部局になりましたので、今以上に文化財活用へ力が入るものと期待しています。
※荒井知事の広~い交友関係で、東京あたりから、新しい提案があるかもしれないですネ
人が住まない家は傷みが激しくなり保存は難しいですから!
古民家の詳細は次をご覧ください。(http://www.pref.nara.jp/28769.htm)

王寺町功労者表彰式

2019年09月23日

令和元年9月23日(月)午後1時~ 王寺町文化福祉センターで開催されました「令和元年度王寺町功労者表彰式」に来賓としてお招きいただき、地元王寺町の県議会議員として祝辞を述べさせていただきました。
(プログラム;R1.9.23 王寺町功労者表彰式
これからも、健康に留意され、それぞれの立場で王寺町の為にお力添えをお願い致します。
誠におめでとうございます。