県立高等学校適正化実施計画(案)

2018年06月08日

平成30年6月8日(金) 奈良県教育委員会から「県立高等学校適正化実施計画(案)」(30.6.8 高校適正化計画)が公表されました。
人口減少社会において、現施設を利用して規模を小さくするのが良いのか、統合して施設改修を行うのがのが良いのか議論が分かれるところです。
しかし、平城高校を廃止して、その跡地へ奈良高校移転とは???・・・・・他の方法もあるでしょう!
奈良県の高等学校教育の目指す方向が問われますネ (# ゚Д゚)

コメント & トラックバック

はじめまして。突然のご連絡申しわけありません。娘が平城高校1年で楽しく過ごさせていただいています。三カ月前合格発表嬉しい涙ながしました。そして三カ月後のこんな悲しい涙ながすとは思ってもみなかったです。昨日の定例会議みました。楽しく高校生活送った場所がなくなるのはつらいと思うけどと、教育長。今の1年生は後輩ができないんですけど?文化祭、体育祭、部活存続にも影響するのですけど?学力低下にも影響する?楽しい三年間?遅れる訳もない。すでに今はやる気も失せています。何も考えていらっしゃらないと悲しくなりました。みんな今それぞれの思い持って勉強が手につかない、どうせ部活できないかもとモチベーションも下がりこれが教育なのかと。そしてパブリックコメント。知らない方ばかり。三月受験追い込みシーズンに校名伏せてこんな事してどれだけの意見が募れるのでしょうか?学校の先生さえご存知でなかった。子供達は必死に勉強してる最中に、何をされているのか理解できないです。せめて受験の一年前に公表すべきじゃないのでしょうか?未来をしょって立つ子供達の発言する権利人権尊重してあげてください。このままでは奈良県、あの時こうされたって思ったまま育っていってしまいます。子供達の為の教育であるのならば、もう一度みんなが納得できる方法で県民とも話し合いながらもう1度立ち止まって考えてほしいです。どうぞどうぞお力をお貸しいただきたくご連絡さしあげました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントする