供託!

2017年07月13日

平成29年7月13日(木)午後3時過ぎ~奈良地方法務局を訪れ、日本維新の会所属の奈良県議会議員5名揃って、29年6月30日に支給されました期末手当の一部を供託しました。(奈良市議会議員選挙があった為に時期がずれました。)
東北大震災の復興財源に充てる為、期限付きで公務員の期末の抑制が行われていましたが、平成28年度人事院勧告で復活された為、議員として受け取る理由が無いとして供託したものです。(議会議員の報酬は条例で定められており、人事院勧告に従う必要はありません! 日本の地方議員総数は約33,000人ですから、差額を平均2万円とすれば、今回だけでも6億6千万円が他の財源と出来ます!)
国民の皆様は、復興特別税の一部として2014年から10年間、住民税を1000円徴収されており、公務員だけが先んじて期末手当支給率を元に戻すなんてあり得ません!
私の供託額は約67,000円、5名で約33万円(所得税を除く)となります。
手法には異論もあるでしょうが、物事には順序があります。『喉元過ぎで熱さ忘れる❗️』ではイカンでしょう。

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする