第2回大立山まつり

2017年01月29日

 

平成29年1月25日(水)~29日(日)平城宮跡で第2回大立山まつりが開催されました。(29.2.1 第2回大立山まつり報道発表

最終日の日曜日は、夕方から降雨となり人出が少なくなったようですが、報道発表のとおり総来場者数は26,363人でした。

昨年の発表は51,000人!(第1回大立山まつり結果

今年は、奈良の一大イベントの一つである若草山の山焼きが晴天下で行われたこともあって、28日土曜日の来場者数は15,450人でした。

担当部署も昨年の反省を踏まえて、来場者数を定点観測して重複記録を避けスタッフを含まない実数を計測したと聞いています。

しかし、奈良県は公式発表を行う数字に責任を持たなくてはならないですね → 統計データに用いる数字根拠が問われます!

※ 私は、調査を兼ねて25日、27日、28日に現地確認を行いました。

-感想∸

1) あったかもんの多くが鍋料理や麵料理で、多くを食することが出来ませんでした。(3食が限度?)

2) 子供向けの食が無かったと感じます。

3) あったかもんブースが3か所に分かれていた。

4) 会場内外が暗い。(帰り道の誘導看板の不足!)

5) 広大な場所で郷土の発表を行っても、長時間の立ち見は辛い!

6) 日が落ちてからは、真冬日で非常に寒い!

7) 県外、奈良市外からの観光客数の把握などと、観光消費効果測定が困難!

8) 予算136,000,000/来場者26,363≒5,159円/人 > 3,871円/人(h26日帰り客観光消費額)、4,346円/人(h27日帰り客観光消費額)、 → 来場者数だけでの判断は困難ですが、1人当たりのコストから考えれば日帰り観光客の消費額をオーバーしています!(観光庁データより)

開催に当り、ご協力を頂いた各市町村の商工会・ボランティアの方々に厚く御礼申し上げます。

 

国勢調査結果

2017年01月07日

平成28年12月28日に奈良県統計課から「平成27年度国勢調査」結果が発表されました。

H27 国勢調査webH27 国勢調査集計表

平成29年度一般会計予算要求額

2017年01月06日

平成28年12月27日に平成29年度一般会計予算要求額が報道発表されました。(平成29年度一般会計予算要求額-1平成29年度一般会計予算要求額-2

総額 4,919億円(28年度当初予算比 △32億円、△0.6%)

※ 大規模プロジェクト

・ ホテルを核とした賑わいと交流の拠点整備

・ (仮称)登大路バスターミナルの整備

・ 新奈良県総合医療センターの開設・運営

・ 医大・周辺まちづくりプロジェクト推進事業

※ 社会保障関係費の増加

・ 介護給付費負担金、障碍者自立支援給付、医療関係経費など

※ その他

・ 国民文化祭・なら2017、全国障害者芸術・文化祭奈良大会の開催

・ ドクターヘリ運航

謹賀新年

2017年01月01日

明けましておめでとうございます。

本年も「健やかで穏やかな日々が暮らせる奈良県」を目指して活動を続け、変えるべきところに対しては的確な指摘を行ってまいります。

明神山山頂には、ご来光を拝するために多くの方が訪れられました。(700人近く?)